トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

マンテル大尉事件の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
----
1948年1月7日、ケンタッキー州ゴッドマン空軍基地に円盤状の飛行物体の情報が寄せられた。基地の将校達も飛行物体を目撃した。

訓練飛行を終え帰還途中だったトーマス・F・マンテル大尉は、基地の要請に従い、F51マスタングで物体を追跡することになる。

マンテルは「物体は依然正面上方にあり、本機とほぼ同じ速度で上昇中。」との通信を最後に連絡が途絶えた。約1時間後に墜落したマンテルの飛行機の残骸が発見される。

マンテルが追っていた物体は、当初「金星」だとされていたが、後に「スカイフック気球」であったことが判明する。

金星説は明らかな間違いとして記述される事が多いが、この事件の中でなされた多数のUFO目撃の中には、確かに「金星」だと思われる報告もあった。
スカイフックは海軍のプロジェクトであり、空軍は実験の情報を掴んでいなかった。

マンテルはUFOの最初の犠牲者として歴史に残ることになった。
----
'''参考文献'''
+「[マンテル大尉機墜落事件|http://homepage3.nifty.com/giga/ufo/mantell.html]」UFO事件簿 
+「[マンテル大尉事件|http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AB%E5%A4%A7%E5%B0%89%E4%BA%8B%E4%BB%B6]」 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
+「[Mantell UFO incident|http://en.wikipedia.org/wiki/Mantell_UFO_Incident]」 From Wikipedia, the free encyclopedia