トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

百匹目のサルの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
----
「百匹目のサル現象」とは、“ある思い”を持つ人が増えていき、一定数以上になると、突然他の集団にまでその思いが伝播し、結果的に思いが実現するという話である。百というのはあくまで比喩であり、多くの思いが集まれば、それは一気に全体に広がるということである。

この現象はライアル・ワトソンの『生命潮流―来たるべきものの予感』が元ネタである。ワトソンは、日本の幸島で行われた河合雅雄博士の研究成果である論文を、話の根拠としている。

海外では反核運動などで、有名になった。日本ではニューエイジ活動のグルとも呼べる船井幸雄氏が、著書で取り上げたことから有名になったようだ。現在では、ニューエイジ活動・自己啓発セミナー・マルチ商法などでも引用されるエピソードとなっている。

ワトソンが参照元とした河合氏の論文には、ワトソンが主張するような神秘的な現象を支持するデータは無い。むしろ、ワトソンの主張を否定するようなデータが提示されていると言ってもよい。河合氏の論文を調査した研究者は、ワトソンの主張がワトソンの創作であることを指摘している。

河合氏へのインタビューでも幸島で「百匹目のサル現象」が起こっていないことがわかる。河合氏は「あれはライアル・ワトソンの作り話。そんな話は聞いたことがなかった」とバッサリ切り捨てた。

ワトソンは、調査者の追求に対し「百匹目のサル現象」が事実ではないことを認めた。


百匹目のサルやグリセリンの結晶化の科学的な説明として、シェルドレイクの研究があげられる場合が多い。しかし、シェルドレイク自体は、「百匹目のサル現象」を支持しておらず、「百匹目の猿の話は形態共鳴(morphic resonance)を支持するものとして語られている。しかし、私自身はこれを使ったことはない。というのは、この話の流布されている大半のバージョンは事実とはかけ離れているからだ。懐疑論者が偽りを暴くのは容易だ。」と語っている。

!!!参考情報

【僕のおしゃべり】
*[Vol.19 百匹目のサル|http://www.t3.rim.or.jp/~yoji-t/oshaberi/oshaberi019.html]

【忘却からの帰還】
*[「百匹目の猿」の原論文には百匹目の猿はいない|http://transact.seesaa.net/article/6007847.html]
*[酒石酸とグリセリンと猿のリナージュ (1)|http://transact.seesaa.net/article/31374564.html]

【幻影随想】
*[「100匹目のサルのウソ」はいかにして暴かれたか|http://blackshadow.seesaa.net/article/6432489.html]
*[幸島のサルのデータを読む|http://blackshadow.seesaa.net/article/6646210.html]

【懐疑論者の祈り】
*[百匹めのサル|http://www.geocities.jp/wakashimu/yota/saru.html]

【日本臨界科学研究所】
*[The Most Complete Book List on The Hundredth Monkey Phenomenon|http://homepage3.nifty.com/kadzuwo/monkey.htm]
** 関連英文ページの機械翻訳による英和対訳表示へのリンク集。

【河合博士の原論文】
*[Newly-acquired pre-cultural behavior of the natural troop of Japanese monkeys on Koshima islet|http://www.springerlink.com/content/h191628m5u23g7jt/?p=208b3d07c83544f58b6be11385af3321&pi=0]