トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

その他:用語の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!懐疑主義団体など
:ASIOS:Association for Skeptical Investigation of Supernatural。2007年11月に設立された日本の懐疑主義団体。ただし、この会は「超常現象が好きなメンバーが集まり、真相を追究していく」ことを第一の目的としているので、疑似科学批判を行うような啓蒙を目的とした団体ではない。
*ASIOSの[ホームページ|http://www.asios.org/]

:Australian Skeptics:オーストラリアの懐疑主義団体。
*Australian Skepticsの[ホームページ|http://www.skeptics.com.au/]

:CSICOP (サイコップ):アメリカで最も大きい懐疑主義団体で、正式名称は「Committee for the Scientific Investigation of Claims of the Paranormal」(超常現象だという主張の科学的調査委員会)、通称「CSICOP」(サイコップ)で長年親しまれてきたが、2006年に結成30周年の節目を機に、正式名を「Committee for Skeptical Inquiry」(懐疑的な調査(研究)のための委員会)、通称「CSI」(シーエスアイ)へと変更した。会誌には『[Skeptical Inquirer|http://www.csicop.org/si/]』(スケプティカル・インクワイアラー/懐疑的な調査者)があり、隔月で発行されている。
*Committee for Skeptical Inquiryの[ホームページ|http://www.csicop.org/]

:James Randi Educational Foundation(JREF、ジェイムズ・ランディ教育基金):「[超常現象100万ドルチャレンジ|http://www.randi.org/research/index.html]」などを主催する団体。「100万ドルチャレンジ」については「[超常現象の謎解き|http://www.nazotoki.com/]」というサイトの「[ランディのサイキック・チャレンジ|http://www.nazotoki.com/randi.html]」のページに詳しく日本語で解説されている。
*James Randi Educational Foundationの[ホームページ|http://www.randi.org/#]

:Japan Skeptics (ジャパン・スケプティックス):超常現象を懐疑的に研究する(はずだった)団体。現在の会長は宇宙物理学者の[松田卓也|http://nova.scitec.kobe-u.ac.jp/~matsuda/matsuda.html]氏。しかし、懐疑主義の啓蒙活動を行ったり、ニセ科学批判を積極的に展開している様子はない。日本版CSICOPやSkeptic Societyの誕生を期待していた人たちを失望させた。「超常現象井戸端会議」との批判もある。
*Japan Skepticsの[ホームページ|http://www.skeptics.jp/]

:National Center for Science Education(NCSE、全国科学教育センター):公立の学校における科学教育から「科学的創造論」を閉め出し、「進化論」の教育を防衛する団体。
*NCSEの[ホームページ|http://www.natcenscied.org/]

:National Council Against Health Fraud(NCAHF):インチキ療法や健康法を積極的に批判するアメリカのNPO団体
*NCAHFの[ホームページ|http://www.ncahf.com/]

:Prometheus Books:懐疑本をいろいろ出してる出版社。
*Prometheus Booksの[ホームページ|http://www.prometheusbooks.com/]

:Quackwatch(クワックウォッチ):インチキ医療や健康法に関する情報を発信しているサイト。ホメオウォッチの上部組織。
*Quackwatchの[ホームページ|http://www.quackwatch.org/]

:The Skeptic's Dictionary:懐疑論者の辞書。日本語版もあるけど2000年から更新されていないみたい。楽工社から日本語訳「[懐疑論者の事典(上)|http://www.rakkousha.co.jp/books/ka_04.html]」、「[懐疑論者の事典(下)|http://www.rakkousha.co.jp/books/ka_05.html]」として出版されました。なお、HPのほうは常時更新されている。
*[The Skeptic's Dictionary|http://skepdic.com/] (ホームページ)
*[Skeptic's Dictionary for Kids|http://sd4kids.skepdic.com/]  (キッズ版「懐疑論者の辞典」)

:Skeptic News:懐疑論的ニュースと最新トピック
*Skeptic Newsの[ホームページ|http://www.skepticnews.com/]

:Skeptics Society (スケプティックス・ソサエティ):CSICOPと共にアメリカを代表する懐疑主義団体。扱う対象は、歴史修正主義や人権問題など、社会派ものも含まれる。会誌として『[SKEPTIC|http://www.skeptic.com/the_magazine/index.html]』誌を発行。巻末には子供向けの「Junior Skeptic」(ジュニア・スケプティック)という別冊風の特集も組んでおり、教育にも力を入れている。
*Skeptics Societyの[ホームページ|http://www.skeptic.com/]

!!!懐疑主義者
:ジェイムズ・ランディ(James Randi):ランディについては[[ジェイムズ・ランディ (James Randi)]]の項目を参照してください。

:テレンス・ハインズ(Terence Hines):著書としては次のようなものがある。「Pseudoscience and the Paranormal」には初版と第2版があり、若干内容が異なる。「ハインズ博士「超科学」をきる」は初版を2冊に分けたもの。
*「[ハインズ博士「超科学」をきる−真の科学とニセの科学をわけるもの−|http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4759802754]」 化学同人 (1995/03)
*「[ハインズ博士「超科学」をきる―臨死体験から信仰療法まで|http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4759802908]」 化学同人 (1995/12)
*「[Pseudoscience and the Paranormal|http://www.amazon.co.jp/gp/product/1573929794]」 2nd edition, Prometheus Books

:マイケル・シャーマー(Michael Shermer):英語版Wikipediaの「[Michael Shermer|http://en.wikipedia.org/wiki/Michael_Shermer]」の項目。[Skeptics Society|http://www.skeptic.com/]の創立者。Skeptics Societyのサイトに行くとシャーマーが登場するYouTubeのビデオがいくつかリンクされているので、ここで紹介しておく。シャーマーはなかなかの男前である。

*「[Michael Shermer Firewalking Across Hot Coals|http://jp.youtube.com/watch?v=-W5FRl0qhOM]」: 火渡りに関するビデオ。
*「[Michael Shermer Out of Body Experiment|http://jp.youtube.com/watch?v=nCVzz96zKA0]」: 臨死体験に関するビデオ。
*「[Michael Shermer Remote Viewing Experiment Part 1|http://jp.youtube.com/watch?v=40QVp8_P0LY]」: [[リモート・ビューイング|リモート・ビューイング(遠隔視)]]に関するビデオ、その1。
*「[Michael Shermer Remote Viewing Experiment Part 2|http://jp.youtube.com/watch?v=QY4MTKa2ldI]」: リモート・ビューイングに関するビデオ、その2。
*「[Michael Shermer on How to Fake UFO Photographs|http://jp.youtube.com/watch?v=o7Tu-28hyow]」: UFOのニセ写真の作り方のビデオ。
*「[Michael Shermer Spoonbending|http://jp.youtube.com/watch?v=h3X9h1WlQpA]」: これについては[[スプーン曲げ]]の項目を参照してください。

シャーマーの著書としては次のようなものがある。
*「[なぜ人はニセ科学を信じるのか―UFO、カルト、心霊、超能力のウソ|http://www.amazon.co.jp/gp/product/4152082127]」 早川書房 (1999/02) 

:マイケル・フリードランダー(Michael W. Friedlander):著書としては次のようなものがある。
*「[きわどい科学 ウソとマコトの境域を探る|http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4826900767]」 白揚社 (1997/04) 

:マーティン・ガードナー(Martin Gardner):英語版Wikipediaの「[Martin Gardner|http://en.wikipedia.org/wiki/Martin_Gardner]」の項目。著書としては次のようなものがある。
*「[奇妙な論理〈1〉―だまされやすさの研究|http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4150502722]」 早川書房 (2003/01) 
*「[奇妙な論理〈2〉なぜニセ科学に惹かれるのか|http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4150502730]」 早川書房 (2003/02) 
*「[インチキ科学の解読法 ついつい信じてしまうトンデモ学説|http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4334961703]」 光文社 (2004/8/24)

:ロバート・ パーク(Robert L. Park):英語版Wikipediaの「[Robert L. Park|http://en.wikipedia.org/wiki/Robert_L._Park]」の項目。スケプティックとしてはかなり癖のある人物のようで、有人宇宙開発に対して批判的な意見を持っている。著書としては次のようなものがあるが、その日本語タイトルはちょっと変。
*「[わたしたちはなぜ科学にだまされるのか―インチキ!ブードゥー・サイエンス|http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4072289213]」 主婦の友社 (2001/03) 

:Edzard Ernst:サイトはこちら→[Edzard Ernst|http://edzardernst.com/]
*「[A legacy of scepticism|http://www.nature.com/news/2011/110530/full/news.2011.322.html]」 Published online 30 May 2011, Nature, Daniel Cressey

!!!国内でニセ科学批判を行っている科学者
!!!国内で疑似科学批判を行っている科学者

:天羽優子:山形大学理学部物質生命化学科物質構造化学講座准教授。おもに水関連の疑似科学批判を行っている。
*「[複雑系物質学研究グループ|http://www.cm.kj.yamagata-u.ac.jp/]」:本人ホームページ
*「[事象の地平線|http://www.cm.kj.yamagata-u.ac.jp/blog/index.php]」:ブログ
*「[富永研究室びじたー案内|http://atom11.phys.ocha.ac.jp/index.html]」:お茶の水女子大学 大学院人間文化研究科 冨永研究室のサイト
*「[水商売ウォッチング|http://atom11.phys.ocha.ac.jp/wwatch/intro.html]」
*「[水のクラスター −伝搬する誤解−|http://atom11.phys.ocha.ac.jp/water/water_cluster.html]」
*「[ゲストブック兼掲示板|http://atom11.phys.ocha.ac.jp/bbs01/list.php]」:掲示板
*「[TOSSウォッチング掲示板|http://www.cm.kj.yamagata-u.ac.jp/bbs02/list.php]」
*「[ニセ科学掲示板:一般用|http://www.cm.kj.yamagata-u.ac.jp/psbbs/general/tree.php]」
*「[平成19年(ワ)第1493号 損害賠償等請求事件|http://www.i-foe.org/h19wa1493/index.html]」
*「[水商売ウォッチング in action|http://www.cm.kj.yamagata-u.ac.jp/action/]」
*「[平成19年(ワ)第1493号 損害賠償等請求事件に関する掲示板|http://www.i-foe.org/h19wa1493/bbs/tree.php]」

:菊池誠:大阪大学サイバーメディアセンター大規模計算科学部門教授。
*「[菊池誠の物理ページ|http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/index-j.html]」:ホームページ
*「[kikulog|http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/]」:ブログ
*「[信じるな疑え! 「ニセ科学」批判の菊池教授に聞く|http://ascii.jp/elem/000/000/121/121138/]」:ASCIIのインタビュー記事(2008年03月30日、文:秋山文野、写真:小林 伸)
*「[場の議論:なぜ、人は「二セ科学」に弱いのか?|http://archive.mag2.com/0001170750/20100831090000000.html]」 Litera Japan メールマガジン #01, (2010年8月31日配信) 

著書として「[信じぬ者は救われる|http://www.kamogawa.co.jp/moku/syoseki/0155/0155.html]」(かもがわ出版、香山リカと共著)がある。
筑摩書房のウェブサイトでエッセイ「[科学者にも怖いものはある|http://www.chikumashobo.co.jp/new_chikuma/kikuchi/index.html?080718]」を連載している。

!!!その他
*「[やや日刊カルト新聞|http://dailycult.blogspot.jp/]」 

*「[忘却からの帰還|http://transact.seesaa.net/]」 

*「[食品安全情報blog |http://d.hatena.ne.jp/uneyama/]」