トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

アガスティアの葉の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
いわゆる「インドの葉っぱ占い」。
まずはウィキペディアの「[アガスティアの葉|http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AC%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%81%AE%E8%91%89]」や「[アガスティア|http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AC%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2]」の項目を参照してください。
「[Hello World! 世・界・旅・行|http://www.kakura.jp/hw/]」というサイト内の以下のページでその体験談を読むことができる。
*[アガスティアの葉の謎を暴く 〜 第一章|http://www.kakura.jp/hw/blog/2005/200504092243.html]
*[アガスティアの葉の謎を暴く 〜 第二章|http://www.kakura.jp/hw/blog/2005/200504100115.html]
アガスティアの葉をインドまで探しに行くのはしんどい、という人のために代わりに探してくれる検索代行業者までいる。しかし、代行にかかる費用は数万円から数十万円と、単なる占いとしては破格に高価であることを忘れてはならない。その代行サービスをしていたが、それがニセモノではないかと思ったので、現在はサービスを止めてしまった人のサイトもある。
アガスティアの葉をインドまで探しに行くのはしんどい、という人のために代わりに探してくれる検索代行業者までいる。しかし、代行にかかる費用は数万円から数十万円と、単なる占いとしては破格に高価であることを忘れてはならない。その代行サービスをしていたが、アガスティアの葉がニセモノではないかと思ったので、現在はサービスを止めてしまった人のサイトもある。
*「[スワディの占い|http://www.gncorporation.com/suvadi/index.htm]」というサイト内の「[アガスティアの葉は本物だろうか|http://www.gncorporation.com/suvadi/agastia/agastia.htm]」というページ。
『私達はアガスティアの葉の検索代行サービスをしていた者です。現在はサービスを止めています。なぜサービスを止めたのか・・・それは私たちがサービスを提供していた葉がにせものではないかと思ったからです』

懐疑本(暴露本?)としては
*「[アガスティアの葉の秘密―精神世界とインドの旅 |http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%82%AC%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%81%AE%E8%91%89%E3%81%AE%E7%A7%98%E5%AF%86%E2%80%95%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%A8%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%AE%E6%97%85-%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%BF%E7%AC%9B%E5%90%B9/dp/4884813898]」 パンタ笛吹, 真弓 香 (著)、たま出版
が有名。